生活に影響する!偏頭痛の原因とは?

偏頭痛

偏頭痛は通常片側だけにズキンズキンと痛みを感じるという特徴がある頭痛ですが、こういった痛みが起こる原因は頭の中の血管が拡張することで血管の周囲にある神経を刺激することで起こると考えられています。
頭の中の一番大きな神経は三叉神経というもので、この神経は脳にある太い血管の周囲にあります。
血管の拡張により三叉神経が刺激を受けると、神経から痛みの原因物質が放出されて、それが血管の炎症を引き起こします。
炎症を起こした血管がさらに拡張することで、より一層三叉神経を刺激することとなり、痛みは増強していくという悪循環が起こることとなり、痛みが強くなっていきます。

こういった仕組みで偏頭痛の痛みという症状が引き起こされますが、脳の血管が拡張する原因としては色々なものがあり、ストレスも原因の一つだと考えられています。
ストレスを受けた時には、血液成分のひとつである血小板からセロトニンが分泌されて、脳の血管を収縮させます。
一時的には血管が収縮されるのですが、その後血管が元の状態に戻る際に、反動で急激に戻ることがあると、その時の刺激で偏頭痛が起こります。

この時に三叉神経から脳へ痛みの刺激が伝わる際に視覚や聴覚、嗅覚の司令塔となっている部位や、吐き気をコントロールしている嘔吐中枢にも刺激が伝わります。
そのため偏頭痛がある時には吐き気という症状が出たり、光や音、臭いに敏感になるという症状も同時にあらわれることがあります。

ストレス以外にも血管を拡張させる原因となるものに過労や体質が関係していると言われており、もともと偏頭痛を起こしやすい体質の人がいるということと、疲れが溜まっている時に症状が出やすいという特徴があります。

体質と同時に偏頭痛を起こしやすい性格というものがあり、完全主義、努力家、神経質な性格の人がなりやすいといわれています。
また特定の食べ物が引き金となることがあり、何かを食べた時に偏頭痛の症状が出るという人もいます。

偏頭痛は一生付き合っていく病気なの?

偏頭痛は起こる原因がひとつでないために、根本的な治療をすることが難しく、痛みが起きた時には痛み止めを服用して痛みを押さえるような治療法が一般的です。
そういった意味では偏頭痛を持っている体質の人は一生治らない病気だと思って付き合っていく必要があります。

しかし、一生治らない病気だとしても症状を軽くするように努めることはできます。
そのひとつがトリプタン系製剤の使用で、これは拡張した血管を元に戻す働きと、三叉神経からの痛み物質の放出を抑える作用があります。
さらに痛み刺激が脳に伝達されるのをブロックする作用があるもので、偏頭痛の痛みを軽減させる作用のある薬剤です。

トリプタン製剤を使用すると、偏頭痛が起こる過程で3つのポイントで痛みを起こしにくくする作用があります。
これを偏頭痛の症状が出はじめた時に服用することで、それ以上痛みが強くなることを防ぎ、音や光に敏感になる、吐き気をもよおすといった症状が起こらないようにすることができます。

また偏頭痛の人が困ってしまう場面のひとつに飛行機にのった時があります。
飛行機にのった時には気圧の変化などの影響か偏頭痛の症状が起きやすくなります。
飛行機にのった時に痛みが出ないようにする工夫としては紅茶やコーヒーなどカフェインの含まれている飲み物を飲むことです。
カフェインに血管を収縮させる作用があるために、血管の拡張が起こりにくくなり、その結果偏頭痛の症状が出ることを予防できます。

その他に、偏頭痛が起こる原因となっている食材がある時には、その食材を避けたり、ストレスや疲労を溜めこみ過ぎないといったことに注意することも効果があります。
偏頭痛と一生付き合っていくためには、こういった対策をしながら生活をしていくと、痛みを最小限にしながら過ごすことができるでしょう。