とにかく痛い!痛風の原因とは?

痛風

痛風は足に突然激痛が走る病気です。
激痛が走った時は足に風が当たっても痛むほどであるため、痛い風という名前が付けられました。

痛風は体内の尿酸値が著しく増加し、尿酸が結晶化することによって起こります。
なぜ尿酸が結晶化することによってあのような激痛が走るのかというと、結晶化した尿酸は金平糖のような形をしているためです。
そのため動くたびに体内を傷つけるので、あのような耐えられない激痛が走るのです。

つまり痛風は何らかの原因によって体内の尿酸値が引き上げられることによって発症するというわけです。
尿酸値を引き起こす元になるものとして、一般的に良く知られているのがプリン体という成分です。

プリン体とは、食べもの全般に含まれている成分の一つで、主にうまみ成分を形成しています。
つまりプリン体とは私たちがおいしいと感じる食べものに特に多く含まれていることになります。

プリン体を多く含むものを食べないようにすれば痛風はある程度防ぐことが出来るという事になります。
プリン体をたくさん含むものとして最も知られているのがビールです。
ビールは痛風の原因になるものとしては代表的なものちっても良いでしょう。

その他にプリン体を多く含む食べ物としては魚やエビなど魚介類に比較的多く含まれているとされています。
魚には血液をサラサラにしてくれ鵜成分が含まれているため、健康のために積極的に食べている人も中には居ます。
あまり過剰に食べ過ぎると健康になるつもりか尿酸値が上昇して通風を発症することもあります、何事もやり過ぎないようにすることも健康を保つ秘訣の一つです。

しかし、痛風の原因はプリン体を多く含む食べ物だけではありません。
仕事などでストレスが溜まることも痛風になる原因の一つだとされています。
ストレス自体も尿酸値を上昇させますが、ストレスを解消するため、中には暴飲暴食をする人も居ます。
暴飲暴食は多量の尿酸値を発生させる元になります。
プリン体を多く含む食べ物を食べ過ぎないようにすることも予防法の一つですが、ストレスを溜めこまないように、そして暴飲暴食以外のストレス解消法を実践することも痛風を予防するためには有効です。

筋トレのせいで痛風に!?なぜなのか

先に開設したように、痛風の原因としては飲み過ぎや食べ過ぎが代表的なものとされています。
プリン体は栄養価の高いものに含まれていることから、昔から通風は別名ぜいたく病と呼ばれてきていました。

痛風は昔はどちらかといえば栄養価の高いものを食べられるようになった、ある程度年配の人に発症するというイメージでしたが、最近では若い人の中にも通風を発症する人が出てきました。
原因の一つとしては食生活の変化で若い人でも栄養価の高いものを普通に食べられるようになってきたことが挙げられますが、それだけではありません。

実は筋トレをすると痛風を発症するリスクが高くなるという事が分かっています。
最近の健康志向から、特に若い人の中で筋トレを実践している人が多くなっています。
その結果若い人の中で痛風を発症する人が増加しているのです。
なぜ筋トレをすることによって通風を発症するリスクが高まるのでしょう。

筋トレによって痛風になるリスクが高まる原因の一つとしては体内の水分の変化が挙げられます。
筋トレをすれば必ず汗をかきます。
汗をかくことによって体内の水分が少なくなります。
すると血中の様々な成分の濃度が高くなります。
尿酸値も例外ではありません。
尿酸値の濃度が高くなると結晶化しやすくなるため、痛風を引き起こしやすくなります。

また、筋トレでスクワットなどの無酸素運動をしている人は特に要注意です、無酸素運動をすると体内にはたくさんの乳酸が発生しますが、乳酸は血中の尿酸の分解を抑制する働きがあります。
そして、筋トレをすると筋肉が破壊されます。
筋肉が破壊されることでも尿酸が発生します。
このように筋トレには痛風の原因となる尿酸値を上昇させる原因がたくさん潜んでいます。

痛風の症状を緩和するには

もし痛風にかかってしまったときには治療薬のユリノーム錠やボルタレン錠、ザイロリック錠で痛風の症状を緩和することができます。
痛風の改善に用いる治療薬には、主に痛風のもととなる尿酸値を下げる薬と痛風の発作を緩和する薬の2種類があります。
一度痛風にかかってしまうと完治することはなく、発作を予防することが非常に大切になってきますので、こういった薬を服用しながら予防・改善していくようにしましょう。